本好き母のあれこれ日常

日常のあれこれを思いつくまま&本好き日記

小説

近藤史恵さん「震える教室」学園ホラー小説

こんばんは。めぐやです。 夏に近付いてきたからかホラーや実話怪談の本が増えてきました。 今回はホラー小説のご紹介です。 近藤史恵さん「震える教室」 表紙だけ見るとちょっとおどろおどろしい感じですが、どちらかというとライトな学園ホラーミステリー…

伊坂幸太郎さん「クジラアタマの王様」あっという間に読み終える

こんばんは。めぐやです。 久しぶりに伊坂幸太郎さんの小説を読んでみたら、面白くてあっという間に読んでしまいました。 「クジラアタマの王様」 まず最初に不思議に思うのは、コミック調の挿し絵が入っていること。 しかも異世界的な挿し絵で、何かと戦っ…

積読本を消化中

こんばんは。めぐやです。 まだ読んでいない本たち いつものことですが、たくさん本を積んでしまいました。 積読本を入れておく棚… 時々、小説が読めない時があって、無理に読み始めても挫折するので、、 そういう時は小説以外で気分が楽になるような本を読…

最近の小説の表紙って小説っぽくない件

こんばんは。めぐやです。 最近の小説の表紙ってコミック?と思うようなものが多いな〜と思ったのでいくつか挙げてみます。 エラリー・クイーン 以前に角川文庫で新訳になったと思ったら表紙がこちら。 ↓ Amazon 中途の家 (角川文庫) 新品価格¥968から(2020…

若竹七海さんの小説「葉村晶(ハムラアキラ)シリーズ」がテレビドラマ化ですね

こんばんは。めぐやです。 以前にもご紹介した若竹七海さんの小説「葉村晶シリーズ」がドラマ化だそうです。 NHK総合で1月24日金曜日スタートです。 ↓ 以前の記事 meguya.hatenablog.com 葉村晶シリーズ 不運すぎる女探偵、葉村晶が初めて登場したのは「プレ…

海外小説「ワニの町へ来たスパイ」これ面白い!

こんばんは。めぐやです。 今日ご紹介するのは海外の小説「ワニの町へ来たスパイ」! 「ワニの町へ来たスパイ」ジャナ・デリオン 〜簡単なあらすじ〜 潜入捜査で暴れすぎ、命を狙われることになったCIA秘密工作員フォーチュン。 ルイジアナの田舎町で全く違…

「三鬼 三島屋変調百物語四之続」宮部みゆきさんの小説

こんばんは。めぐやです。 宮部みゆきさんの小説のご紹介です。 「三鬼(さんき) 三島屋変調百物語四之続 」 三島屋シリーズ第四弾になります。 三島屋の客間で行われている変わり百物語。 一度に一人の語り手を招き、不思議な話や恐ろしい話を聞くという趣向…

サメパニック物の小説「ブルシャーク」、映画は「MEG ザ・モンスター」

こんばんは。めぐやです。 サメパニック物の小説と映画のご紹介です。 小説「ブルシャーク」 雪富千晶紀さんの小説です。 トライアスロン大会が開かれる湖に巨大ザメが入り込んだ設定が面白いです。 市職員の主人公と学者の女性がサメの居ることを証明しよう…

「十二国記」最新刊、18年ぶりの書き下ろし!

こんばんは。めぐやです。 小野不由美さんの「十二国記」シリーズ最新刊が出ました! 「十二国記」とは 我々の棲む世界と、地図上にない異世界「十二国」とを舞台に繰り広げられる、壮大なファンタジー。 と、公式サイトにあります。 十二国の世界は、それぞ…

スティーヴン・キング「ミスター・メルセデス」読了

こんばんは。めぐやです。 今回はキング作品のご紹介です。 スティーヴン・キング「ミスター・メルセデス」あらすじ 職を求めて市民ホール前に列をなす人々。 その列に突然メルセデスが突っ込んで来ます。 死者8名、重傷者多数を出したメルセデスは霧に紛れ…

ひとりでトマス・ハリス祭り!新訳版「レッド・ドラゴン」「羊たちの沈黙」を読む

こんばんは。めぐやです。 トマス・ハリス最新作「カリ・モーラ」を読んでから、昔のトマス・ハリス作品を読みたくなり、せっかくなので新訳版で読んでみました。 新訳版「レッド・ドラゴン」 レクター博士初登場の作品ですね。 簡単なあらすじは、、 満月の…

「カリ・モーラ」トマス・ハリス最新作を読んでみました サイコ・スリラーではないでしょう

こんばんは。めぐやです。 先日もお伝えしましたが、「羊たちの沈黙」のトマス・ハリス13年ぶりの最新作「カリ・モーラ」を読んでみました。 まずはあらすじ コロンビアからの移民カリ・モーラは、麻薬王の住んでいた邸宅の管理バイトをしています。 その邸…

恩田陸さんの奇妙な短編を電子書籍で読む

こんばんは。めぐやです。 「オール読物」に掲載された恩田陸さんの短編3つが電子書籍で配信されていたので、読んでみました。 「昭和94年の横丁」 友人と入った居酒屋の日めくりには、昭和94年の文字が。 その後行った横丁で奇妙な体験をするストーリー。 …

トマス・ハリスの最新作「カリ・モーラ」、新訳になっていた「レッド・ドラゴン」が気になる

こんばんは。めぐやです。 トマス・ハリス最新作「カリ・モーラ」 「羊たちの沈黙」のトマス・ハリス、なんと13年ぶりの新作だそうです! レクター博士ものではありません。 移民のカリ・モーラは麻薬王の邸宅管理バイトで犯罪に巻き込まれ、さらに猟奇殺人…

「営繕かるかや怪異譚 その弐」怖さと優しさの物語

こんばんは。めぐやです。 夏らしい怪異譚のご紹介です。 「営繕かるかや怪異譚 その弐」小野不由美 小野不由美さんの怪異短編集第2弾です。 ホラーというより『怪異譚』という言い方がぴったりだと思います。 簡単なあらすじ 昔ながらの古い町の古い家で起…

夏の文庫フェア 新潮文庫の「キュンタうちわしおり」がかわいい

こんばんは。めぐやです。 前にも書きましたが、夏になると書店で始まる文庫フェア ↓ meguya.hatenablog.com 今回は新潮文庫の「キュンタうちわしおり」と集英社文庫の「ねこじゃらしおり」をゲットしました。 写真見づらいですね〜 キュンタのしおりは思っ…

角川文庫カドフェスの季節、今年のプレゼントはファイル 「ナツイチ」はしおり

こんばんは。めぐやです。 初夏になると、各出版社が文庫本祭りを始めます。 角川文庫は「カドフェス」。 これはカドフェス対象の文庫本を買うと、その場でプレゼントを貰えるというもの。 (ネット通販だと貰えない場合が多いので、実施している大きな書店で…

不運な女探偵、葉村晶シリーズ! 若竹七海さんの小説

こんばんは。めぐやです。 若竹七海さん著「不運な女探偵、葉村晶シリーズ」、2016年に出版されて『アメトーク 読書芸人』で取り上げられた本「静かな炎天」のご紹介です。 短編集になります。 葉村晶シリーズはこの作品の前にも出ていますが、晶は長谷川探…

「レベッカ」「風と共に去りぬ」大好きな小説も新訳になっていく

こんばんは。めぐやです。 私もよく紹介していますが、「新訳」になっている名作が多いですね。 旧訳のままだと、既に日本語自体が古い…ということもあるのでしょう。 新訳で読みやすくなって、若い方達も昔の名著を読もう!となっていくのは本当に良いと思…

本が好き クリスティーを新訳で読む

こんばんは、めぐやです。 久しぶりにアガサ・クリスティーを読みました。 クリスティー文庫として表紙が変わり、新訳になっているものもあったのですね! チェックしていませんでした!! 今回読んだのは「ゼロ時間へ」 事件が起きるのは結果であって、物語…

恩田陸さん「失われた地図」恩田さんらしいと思ってしまうラスト

こんばんは。めぐやです。 恩田陸さん「失われた地図」読了しました。 電子書籍です 最近では恩田さんといえば「蜜蜂と遠雷」や「チョコレートコスモス」のイメージが強いのでしょうか。 私的には恩田さん作品はSF も好きなのです。 「失われた地図」は「蜜…

「シャッター・アイランド」映画で悲しくなって小説でも同じ気分に

こんばんは。めぐやです。 「シャッター・アイランド」のご紹介です。 私は映画をWOWOWで放送していた時に観ました。 こちらはマーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演の2010年の作品です。 シャッター アイランド スペシャル・コレクター…

本が好き 初登場から20周年!「ぶたぶたさん」シリーズ

こんばんは。めぐやです。 今回ご紹介するのは、初登場から20周年「ぶたぶたさん」シリーズです。 通算29作出ています。 最新刊です ぶたぶたさんは、生きている(?)ピンクのぶたのぬいぐるみ。 しかも中身は渋い声の中年男性!! 設定がファンタジーですが、…

ナザールボンジュウ、どこかで見たと思ったら期限切れのプレゼント企画でした

こんばんは。めぐやです。 先日、友人に貰ったトルコの魔除け「ナザールボンジュウ」。 関連記事はこちら↓ meguya.hatenablog.com 見た瞬間に、この目玉モチーフ知ってる!どこかで見た!と思っていたのですが、思い出しました。 書籍のプレゼント企画でした…

伊坂幸太郎さん「シーソーモンスター」電子書籍版は特典が

こんばんは。めぐやです。 伊坂幸太郎さん「シーソーモンスター」読了しました。 こちらの小説は『小説BOC』「螺旋プロジェクト」の連載を書籍化したものです。 電子書籍版には特典として、朝井リョウさん伊坂さん他、「螺旋プロジェクト」の全8作家さんが早…

2019年本屋大賞 大賞作品「そして、バトンは渡された」優しい物語

こんばんは。めぐやです。 本屋大賞受賞作品、瀬尾まいこさん「そして、バトンは渡された」を読みました。 電子書籍です 父親が三人、母親が二人。家族の形態は十七年で七回変わった。でも全然不幸ではない優子が主人公の物語。 優しい人たちがたくさん出て…

本が好き 「マカン・マラン 二十三時の夜食カフェ」

本のご紹介です。 *「マカン・マラン 二十三時の夜食カフェ」古内一絵 電子書籍です 夜中に不定期で営業している夜食カフェ、マカン・マラン。 アジアの隠れ家リゾートのような店内で、心がちょっと疲れた人たちに提供される優しい料理。 料理を作るのはド…

恩田陸さんの「消滅」を読んでいたら、映画「エクス・マキナ」を思い出した

こんばんは。めぐやです。 恩田陸さんの「消滅」読了しました。 国際空港の入管で、別室に隔離された10人の日本人たち。 この中にいるテロリストを見つけ出して欲しいという要求に彼らは推理を開始する…。 というのがこの小説の大筋です。 前半の、登場人物…

本が好き 「響野怪談」ノスタルジックホラー!

こんばんは。めぐやです。 最近読んだ本、ホラーです。 ✳︎「響野怪談」織守きょうや 「ひびきのかいだん」おりがみきょうや 色々なものにつきまとわれる、霊感の強い響野(ひびきの)家の末っ子、春希の物語。 目が醒めると深夜の教室に居たり、公園の側で泣い…

本が好き 和菓子が食べたくなる「アンと青春」

こんばんは。めぐやです。 本のご紹介です。 ✳︎「アンと青春」 坂木司 「和菓子のアン」の続編です。 デパ地下の和菓子店、みつ屋でバイト中の食べること大好きな女の子アンちゃんの物語。 表紙も美味しそう! 和菓子のウンチクや食べ物がたくさん出てきて、…